心不全について知っておこう!

心不全が実際どのような病気なのか、あまりご存じない方も多いと思います。

我が国の循環器疾患の死亡数は、癌に次いで第2位となっており、心不全に伴う5年生存率は50%と、予後についても決して良くありません。

このような状況を鑑み、心不全について、よりわかりやすく理解して貰うため、日本循環器学会と日本心不全学会が2017年に共同で、

『心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気』

であると新しく定義し、公に発表しました。

 

心臓は全身に血液を送り出すポンプの働きをしています。

心不全は病名ではなく、血液ポンプの働きに障害が生じ、いろいろな症状を引き起こしている状態を指します。

心筋梗塞や狭心症、不整脈や血圧の急激な上昇などによって急激にポンプの働きが弱まり、短期間に悪化する場合を急性心不全

心筋症や弁膜症など、長期間にわたって心不全症状を認める場合を慢性心不全

といいます。

代表的な症状は、定義にも示されているように、『息切れ』や『浮腫み』です。

原因は心臓病だけではありません。

心臓病でなくても、高血圧や糖尿病、肥満やメタボリックシンドローム

慢性腎臓病や貧血などは、将来的に心不全に繋がる可能性があります。

また、歳を重ねていくことも大きく影響してきます。

ご自身の今の体の状態を知る意味でも、年に一度の健康診断をおすすめしています。