新型コロナウイルスの影響で、今年はマスクを着けることが夏場でも日常化しそうですね。
マスクを着用する事で、体内に熱がこもりやすくなり、マスク内の湿度が上がって喉の渇きを感じづらくなる可能性があります。
自覚のないまま脱水症状が進み、熱中症のリスクが高まります。
今年は例年以上に水分補給を意識して、身体を冷やすなど熱を放出する工夫をしていきましょう。