更年期で急増する女性の高血圧

高血圧って私には関係ないわぁ。。と思っているのは

私だけではないのでしょうか。

高血圧=男性に多いもの。私も30代のころは思っていました。

その通り、高血圧の有病率は男性は30台から徐々に増え始めます。

ところが女性は40代~50代にかけてから急増!

その理由に女性ホルモンの減少が影響します。

女性ホルモンは血管を拡張させて動脈硬化を防ぐ働きを

すると言われています。

60代になると男女ともに変わらなくなるのです。

 

更年期の症状はイライラや寝不足など、様々な不調が襲ってきます。

血圧も上がったり下がったりと不安定になりがちです。

高血圧はサイレントキラーと呼ばれ、自覚症状がありません。

血圧が高い状態を放置、または不十分な治療のままだと

心臓病や脳卒中などの重大な病気につながります。

定期的な健診などで自分の身体の状態、変化を知ることは大切です。

当院では特定健康診断含め、動脈硬化の状況を把握できる最新の医療機器を整えています。

いつでもお気軽にご相談くださいね。